バツイチの人はどうやって婚活をしているの?

婚活は全て初婚の人ばかりがしているものではありません。バツイチの人でもしていることは多いです。
一度結婚に失敗しても、やっぱり誰か支えになる人がいた方がいいな・・・と思う様になるみたいです。やっぱり人間、寂しいのが一番嫌ですものね。
しかしバツイチの人は子供がいたり、又は一度結婚に失敗しているということがネックとなったりするために初婚の人に比べると婚活がスムーズにいかないことが多いみたいです。普通に婚活をしても不利になりがちなバツイチの人は婚活をどうやっているのでしょうか?

女性の場合一度結婚に失敗しているということがネックになりがち

バツイチの人が初婚の人に比べて婚活が難しくなる理由の一つとして、一度結婚に失敗していると結婚生活に向いていなさそうな人と思われてしまうというところがあります。
とはいっても結婚というのは夫婦の相性や金銭的問題など様々な要素が絡むものであり、一概に一回離婚しているから結婚に向いていないとはいえないと思うのですが、それでもやはりレッテルを貼られ、婚活が難しくなるみたいです。
個人的には30代の半ば以上になれば初婚の人よりもバツイチ子持ちみたいな人の方が魅力的な人が多い気がするのですが、先入観というのは色々と決断を鈍らせてしまうものですね。

男性はバツイチがプラスになることも

女性と違って男性はバツイチであるということがプラスに働くこともあるようです。ある程度の収入がないと結婚は難しいといわれる時代ですので、一度結婚したことがあるという時点で結婚ができる収入があると見做されるみたいですね。
自分の周囲を見回してみると、バツイチの人は初婚の年齢が若い時であることが多く、そしてあまり収入が無い内から結婚していることの方が多いので全く持ってバツイチだから収入が高いとは思わないのですが、イメージとしてバツイチは収入が高いと思う人が多いみたいです。

子供がいると婚活は難しい

男女関わらず、子供がいる場合はいない人に比べると結婚はずっと難しくなるみたいです。子供がいるという時点で恋愛ではなくなってしまうところがあり、どうしても生活を感じさせてしまうからなのでしょうね。
結婚は一緒に生活するためにするのですが生活感がいきなりでてしまうと恋愛は難しく、恋愛を経て結婚に至ることがほとんどなのでどうしても難しくなってしまいますね。