結婚相談所に登録する理由としてどんなものが思い浮かびますか?「会員の数だけドラマがある」というのが正解ですが、登録を迷っている方の中にはどうして登録したのか知りたいという声も多く聞かれます。そこで、今回は結婚相談所に登録した方の理由についてみていきたいと思います。登録を迷っている女性も、どんな女性がいるのか気になる男性もぜひチェックしてくださいね!

よくある結婚相談所に登録した理由は?

仕事場で出会いがない

保育士や看護師、化粧品販売員やエステティシャンなど、女性ばかりで出会いがない職場は意外と多いですよね。中には、女子大から女性向けの職種に就職したため交際したことないままアラサーになってしまった友人もいますが、自営でネイリストをやっている私も出会いが全くありませんでした。30代になるまでに結婚したいと焦り半分、期待半分で結婚相談所に登録しました。

子どもが欲しくなった

キャリアウーマンとして順調にキャリアを積んでいましたが、周りの友人は結婚ラッシュも終えて出産ラッシュへシフト中!結婚にはあまり興味がありませんが、1人ぐらい子どもがいたほうがいいのではと考えるように…。でも、すぐに結婚できるような相手もいないし、リミットはあるしなので、合理的に結婚相手を探せる結婚相談所にお任せすることにしました。出産後も働きたい私と同じ考え方の方も多く、キャリアを捨てずに自分の夢を叶えられる相手を探せそうです。

彼と別れた

大学在学中から付き合って就職が落ち着いたら結婚しようと、軽く婚約気分でいたのに破局しました。仕事場で新しい出会いがあったとか…。なんだかんだでアラサー、出会いがないかもしれない恐怖から逃れたくて結婚相談所を選択しました。元カレよりスペックの高い人も多く、結果的によかったのかもしれません。

周囲がうるさい

縁があればとのんびり構え、私自身は特に婚活に興味はありませんでした。ですが適齢期も終盤になると、親や親戚が「結婚まだ?」「相手いるの?」「子供は早いほうが」と口うるさくなってしまい、とりあえず登録したというのが大きな理由です。登録したからには楽しまなくてはと、週末にはお見合いや婚活パーティーを入れるようにしています。生活にもメリハリがついて婚活自体も楽しくなってきたので、本腰を入れようかと思っているところです。

合コンで浮くように

彼氏がいなくなると合コンで紹介してもらう、を、繰り返していたのですが30代になると合コンに呼ばれないし、参加しても以前ほど馴染めないようになりました。すぐ結婚を迫られそう、これから付き合うなんて責任が重いと、考える男性も多いのだとか。そんなこと思われる年なんだなというのを自覚し、「楽しく付き合う」のではなく「人生をともにする」パートナーを探すのもいいなと入会しました。

登録している女性の特徴

登録している女性の大半は自立し、しっかりと自分の人生を歩んでいる方です。結婚相談所に登録しているというと、性格や容姿に問題がある行き遅れを想像するかもしれませんが大半はごく普通の方です。中には美人さんも含まれており、じっくり探せば理想の方とめぐり合えるかもしれません。登録している年齢層は、20代もみられますがそれほど多くはなく、主に30代次いで40代です。しかし、最近では50代60代を専門にしている結婚相談所もみられ、多くの年代が利用していることがわかります。

まずは見学も

登録している方はあなたと同じように普通の方ばかりです。実際にどんな方が登録しているのか気になる、という場合は見学や体験に行ってみるのもいいかもしれませんね。想像しているより、ずっと馴染みやすい環境かもしれませんよ。