結婚相談所は結婚に対するモチベーションの高い人が集まりますので、成婚率が高いことで有名です。ただ、一方で結婚相談所は何をするにしてもお金がかかるという批判があります。入会や月の会費の他に、パーティに参加しても、デートをしても、結婚をしても費用がかかるというものです。結婚は、相手を見つけるだけではなく、その後挙式や披露宴だけではなく、新居に関わる費用など、お金がいくらあっても足りないくらいお金がかかるので、あまり結婚相談所にお金を使いすぎると、後々の事でお金が足りないということが起きるかもしれません。まずは、しっかり計画を立てて、イベントに参加する必要がありそうです。

ただ、結婚相談所のデメリットは費用の問題だけではありません。実際にどのようなデメリットがあるのかということをご案内したいと思います。

フィルタリングがかかりスタートラインにさえ立てない場合がある

まず、相手をチェックする際に、男性の場合ですと、年収や仕事でフィルタリングをかけられる場合がありますし、女性の場合ですと年齢やルックスでフィルタリングをかけられることになるため、結果として会うに至らない場合もあるということです。本来であれば、あってみれば自分に合っている場合があるにもかかわらず、相手を選ぶ場合にデーターなどで判断されてしまうために、スタートラインに立てない人もかなりいるということです。これはすごくもったいないことですが、相手を客観的に選ぶ場合には、仕方ないこととはいえ、第一印象は相手の中身で判断できないというのは、重要な機械を逃している可能性も高いということが言えます。

自分に向いている結婚相談所がわからない

あとは、結婚相談所に関していると色々なタイプがあります。つまりどういうタイプが有るのかというと
・仲人型タイプの結婚相談所
・データーマッチングタイプの結婚相談所
・インターネット型の結婚相談所
などです。結婚相談所のデメリットは、自分がどういうタイプの結婚相談所に合っているのかわからないという人がいるということです。仲人タイプの結婚相談所は、従来日本にある結構相談所で、会員一人一人にアドバイザーがつき、様々なアドバイスをしてくれます。流れとしては相手を紹介して、成婚までサポートしてくれます。そのため、様々な提案をしてくれますので、他のタイプの結婚相談所と比較しますと、早期に結婚相手が見つかるメリットがありますが、欠点は何をするにしても費用がかかるという点です。これは冒頭でもご案内しましたが、費用がかかる代表的な結婚相談所は、仲人型の結婚相談所です。

データーマッチングタイプの結婚相談所は、他の結婚相談所よりも人数が多いため、まずは結婚相談所が用意した質問集に答えると、その回答にふさわしい人をコンピューターが提示してくれる仕組みになっています。ただし、こちらは主体が本人となるので、アドバイザーがいる場合もありますが、あくまでも自分で決める仕組みです。こちらも結婚に対するモチベーションが高いのが特徴です。最後にインターネット型の結婚相談所はSNSのFacebookなども展開しているサービスですが、こちらも費用がとても安いということもあり、人気があります。また、こちらも主体は本人になりますが、他の結婚相談所と比べると結婚に対する意識が不明瞭であるという点が、このタイプの結婚相談所のデメリットになります。また、アドバイザーも基本的にはつきませんので、結婚へのモチベーションを維持するのも維持しないのも自分次第というのが、このタイプの結婚相談所の欠点と言えます。

結婚相談所を事前に研究しよう

このように結婚相談所も色々なタイプがありますので、まずは自分がどういうタイプなのかということを明確にして、そこから結婚相談所を選ぶようにしましょう。また、これら以外に特定の結婚相談所があり、例えば女性は客室乗務員だけとか、男性は医師だけとかと言ったものまであります。

以上のように結婚相談所に入ったのは良いけれども、相手が見つからないという場合は、自分が入会した結婚相談所が自分に合っていないことも十分考えられるので、結婚相談所をしっかり研究して入会するようにしましょう。